About

1988年、作編曲家の大山曜によりユニット名「Asturias」として

キングレコード・クライムレーベルよりデビュー

   1stアルバム「 Circle in the Forest 」

   2nd アルバム「 Brilliant Streams 」

   3rd アルバム「 Cryptogam Illusion 」を発表。 
 

サウンドは打ち込みを中心とした多重録音ながら、
電子楽器、生楽器が感情豊かに融合されたインストゥルメンタルで、

プログレ畑だけでなくニューエイジミュージックとしてもアピールし、

「日本のマイク・オールドフィールド」とも評されていた。
 

2003年、アコースティック路線(ガットギター、ピアノ、ヴァイオリン、クラリネット、リコーダー)の「Acoustic Asturias 」として活動を再開し、翌年ミニアルバム「 Bird Eyes View 」のリリース、国内外ファンの間で注目を集める。その後、メキシコのプログレフェスティバル「 BajaProg 」や、フランスのプログレフェスティバル「ProgSud」への参加等、国内及び海外公演を精力的に行う。

2009年、ロックバンド編成の「Electric Asturias」を結成。​

2010年4月 ポルトガルのプログレフェスティバル「Gouvea Art Rock 2010」に招かれ公演を行う。

2013年5月にはアメリカのプログレフェスティバル「RoSfest2013」に出演。主催者Roldan氏から「10年間でベスト3に入るパフォーマンス!」と絶賛される。

その様子を収めたDVD「LIVE IN USA」は2017年1月にリリースされる。

2014年、2017年、2019年と三度に渡り、カリブ海クルーズ・プログレフェス「Cruise to the Edge」にイエス・UK・PFM・ルネッサンス等、世界の名立たるプログレバンドと共に参加。2019年にはSpock's Beardの奥本亮(Key)、ワタナベカズヒロ(Vo)とも共演、大好評を博す。

2017年11月、東京のプログレフェスティバル「PROG FLIGHT」にトリとして出演。伝説の歌姫、大木理紗と共演、大好評を博す。

Electric Asturiasとしては、

2011年9月に1stアルバム「Fractals」

2014年12月に2ndアルバム「Elementals」

2019年1月に3rdアルバム「TRINITY」をリリース。

黄金期プログレを彷彿とさせるロックバンドとしてのダイナミズムに、アストゥーリアスならではの美意識を加えたサウンドで国内外からの高い評価を得る。



メンバー:

大山曜(作編曲、プロデュース、Bass)

川越好博(Keyboards)

平田聡(Guitar)
テイセナ(Violin)

田辺清貴(Drums)
 

 

 

<アストゥーリアスのプロフィールはこちら

 

各レポートはこちら

Gouvea Art Rock 2010

RoSfest 2013

Cruise to the Edge 2014

Cruise to the Edge 2017

players

大山曜(Bass)
Yoh Ohyama
川越好博(Keyboards)
Yoshihiro Kawagoe
平田聡 (Guitar)
Satoshi Hirata
テイセナ(Violin)
Tei Sena
田辺清貴(Drums)
Kiyotaka Tanabe
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

作編曲家、マニピュレーターとして、様々なアーティストのサポート、楽曲提供、BGM 製作と幅広く活動。
1987年 「アストゥーリアス」を結成し、キングレコードより 3 枚のアルバムを発表。 
2003年 クラシック畑の演奏者を集めて「アコースティック・アストゥーリアス」を結成、"プログレ+室内楽"という新ジャンルを確立。
2008年 多重録音作品「樹霊」をリリースし、初期アストゥーリアスのスタイル(マルチ・アストゥーリアス)を復活。
2009年 バンド編成の「エレクトリック・アストゥーリアス」を結成。
以後、マルチ、アコースティック、エレクトリックの3つの形態で積極的な活動を続けている。

  • ホワイトFacebookのアイコン

ピアニスト、キーボードプレイヤー、作編曲家、音楽プロデューサー
5 才よりピアノを始める。大学卒業後は音楽家ではなく鉄鋼圧延システム技術者(Steel Rolling System Engineer)
として海外で仕事に従事する。約10 年勤めたのち、作編曲・演奏活動開始。 アニメ・ゲーム・舞台・CM 等の様々なアーティストの楽曲提供・レコーディングに参加、数多くのアーティストのサポート演奏に従事する。
アコースティック・アストゥーリアスには初期結成時より参加。また、自身プロデュースによるバンドSeRafiL では2 枚のアルバムを発表している。

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトFacebookのアイコン

ギタリスト、作編曲家

中学一年よりギターを始める。アン・スクール・オブ・ミュージック、メーザーハウスにて音楽理論・編曲などを学ぶ。

某FM局のジングル制作、著作権フリー音源制作などの傍らバンド活動を続ける。

2002年、盟友だった川崎隆男氏と偶然再会し、「FLAT122」を結成。2005年1stアルバム「ザ・ウェイブス」、2009年に2nd「カゲロウ」を発表。

同年、自己のバンド「ステラ・リー・ジョーンズ」を結成。

  • ホワイトTwitterのアイコン

ヴァイオリニスト

4歳よりヴァイオリンを始める。 2007 年よりヴァイオリンとヴィオラでの演奏・作曲活動を開始し、アニメ・ゲーム・舞台・ドラマ・TVCM などで様々なアーティストのレコーディング、ライブサポートや楽曲提供等を行う。演奏ではゲーム音楽フェスなどや人気声優イベント、また日本はもちろん中国、ヨーロッパ、アメリカ等のイベント・フェスでも演奏活動を行う。
2008 年よりエレクトリック・アストゥーリアスに、2010 年からはアコースティック・アストゥーリアスに正式参加。 またピアノ川越好博プロデュースバンドSeRafiL の正式メンバーでもある。

  • ホワイトTwitterのアイコン

ドラマー

高校一年より吹奏楽で打楽器とドラムを始める。ドラムを菅沼孝三氏とニールソーセン氏に師事。
平田聡と川崎隆男に出会いFLAT122に加入。後に2008年よりエレクトリックアストゥーリアスに自身と平田聡が正式に参加。
アニメ、アイドル、ボーカロイド等レコーディングを行う。ドラムの講師として活動もしている。

  • White Spotify Icon
  • White Apple Music Icon
  • White Amazon Icon
  • Twitter Clean
  • White Facebook Icon
  • White YouTube Icon

© 2019 by Asturias 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now